works@Lingvist

『復習すべき単語』とは、後日もう一度復習できるように学習コース内に再登場する予定の単語のことです。
脳科学の分野では間隔反復法(spaced repetition approach)と呼ばれていますが、Lingvist ではこの学習方法を使って日数を空けて反復学習することで、長期的な記憶の定着を図っています。あなたの記憶パターンを分析して、以前に正しく覚えられていなかった単語を最適なタイミングで復習できるようにLingvist独自のアルゴリズムを組んでいます。
『復習すべき単語』の数は『学習状況』の『今日』のコーナーでご確認頂けます。

復習している間は気乗りのしない時もあるかもしれませんが、それは忘れかけている記憶を呼び起こす作業が脳に多少の負荷をかけているからです。誰しもが通る道ですから、気乗りのしない時はお茶を飲んだり栄養補給をしたり息抜きをしながら頑張りましょう!

last edited by support-japan