works@Lingvist

LingvistのTOEICシリーズ以外のコースでは、コース開始時の診断テストの結果によって語彙量の範囲を算定し、学習が必要な範囲だけで学習コースを再構成しています。

入力ミスがあった場合には算定結果が低くなってしまい、コース内容の難易度も低くなります。現状では残念ながら、コース途中で診断テストを受け直して難易度を再調整できる機能はまだご用意しておりません。

last edited by support-japan